プロの解説!京都観光・奈良観光のツボ

「たっしー&たー坊」が、京都・奈良の観光スポットの見どころを分かりやすく丁寧に解説いたします。

タグ:京都

お盆というのは、仏教用語で盂蘭盆会(うらぼんえ)の略。 古来日本ではお盆は宗派によって色々な違いはあれども、祖先の霊を祭る宗教行事を行うのが一般的で、多くの人達がお墓参りに行かれる。 13日から15日にかけてご先祖さまの霊が戻ってこられ、16日には再び迷わずあ ...
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

京都は千年以上にわたって日本の都として君臨してきた街。 そしてその中心は、何と言っても京都御所(きょうとごしょ) こちらは言わずもがな、天皇家及び宮家のかつてのお住まいである。 以前は春秋の特別に5日間だけは一般に開放されていたが、現在は月曜日以外は ...
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

安井金比羅宮(やすいこんぴらぐう)は祇園にある建仁寺の東南に位置する神社。 ご祭神は… 崇徳天皇(すとくてんのう) 大物主神(おおものぬしのかみ) 源頼政(みなもとのよりまさ)の三柱 悪縁を切り、良縁を結ぶということで有名な神社で、連日多くの参拝者が訪 ...
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

今年も祇園祭を観ることができ、本当に有り難い(*´ω`) 17日は山鉾巡行がメインとなるし、各局の報道番組でも取り上げられているが…巡行を終えた山鉾がそれぞれの町内に戻り、すぐに解体されるところまでは中々取り上げられないので意外とご存じない方も多いと思う ...
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

いよいよ、京都では鉾立てが始まったが、まだまだ梅雨明けとはいかず、大気の状態が不安定な日が続いている(;´・ω・) 祇園祭は昔から小雨決行、大雨強行!といわれ、雨で中止になったことはないお祭り♪ とはいえ、やはり雨は降って欲しくない…。 何 ...
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

南禅寺(なんぜんじ)は臨済宗・南禅寺派の大本山。 巨大な山門や水路閣、桃山時代の書院に狩野派による障壁画などなど・・・見どころ満載のお寺。 創建 鎌倉時代後期(1291年) 開基(創立者) 亀山法皇、 開山(初代住職) 無関普門(むかんふもん・大明国師) ...
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

本日は…京都の嵯峨天龍寺に来てましゅよ〜(´∀`*) 外は暑いけど、建物の中は風が通るので、とっても涼しいでしゅね〜ヽ(´ー`)ノ チャンネル登録おねがいします 最後まで読んで下さって有難うございますにほんブログ村京都府 ブログランキングへ(≧▽ ...
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

本日は…京都の仁和寺に来てましゅよ〜(´∀`*)良いお天気♪ 屋根瓦や飾り金具まで桜だらけでしゅねヽ(´ー`)ノ チャンネル登録おねがいします 最後まで読んで下さって有難うございますにほんブログ村京都府 ブログランキングへ(≧▽≦)ポチポチッとお ...
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

滝口寺(たきぐちでら)は嵯峨野の祇王寺(ぎおうじ)から、さらに石段を上がった所にある。ここにもまた祇王寺と同じく「平家物語」に描かれている悲恋の物語が伝わっている。 元々は往生院(おうじょういん)三宝寺といったが、荒廃した後廃寺となっていたも ...
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

今回は祇王寺(ぎおうじ)を解説♪(≧▽≦) 京都・嵯峨野(さがの)という場所には多くの悲しい恋の物語が残されている。 その中でも有名なのが祇王という女性の物語。 日本人ならば、誰もが一度は耳にしたことがある書き出し・・・ 「祇園精舎の鐘の聲、諸行無常 ...
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ