プロの解説!京都観光・奈良観光のツボ

「たっしー&たー坊」が、京都・奈良の観光スポットの見どころを分かりやすく丁寧に解説いたします。

京都や奈良は日本が誇る歴史と文化の宝庫。 このブログではお寺や神社を通して本当の見どころを 楽しく分かりやすく解説いたします♪

清凉寺

清凉寺(せいりょうじ)は、嵯峨にある浄土宗の寺院。

DSC08872
嵯峨釈迦堂(さがしゃかどう)の名で知られ、本尊は釈迦如来。

この地には、もともと、嵯峨天皇の皇子・左大臣源融(みなもとのとおる)の別荘・栖霞観(せいかかん)があり、彼の一周忌に当たる896年に阿弥陀三尊像を安置し棲霞寺(せいかんじ)と号したのが始まり。

この源融さんというのが、何をかくそう・・・あの光源氏のモデルだという(≧▽≦)きゃー!

嵯峨天皇の皇子であり、臣籍の源姓を賜ったこと、左大臣であったこと、河原町六条に屋敷を構えていたこと、かなりの風流人であったこと、凄いイケメンであったこと・・・などなど状況証拠はバッチリ( `ー´)ノ

この時の阿弥陀三尊像(国宝)は霊宝館に安置されており、春秋(4・5月と10・11月)の特別公開の時にお目にかかれるが、これが光源氏っぽいイケメン・・・モテたい人はぜひ観に来てほしい(*´m`)

さて、棲霞寺草創から数十年後、宋(そう・現中国)に渡り、五台山(または清凉山)を巡礼した奝然(ちょうねん)という東大寺出身の僧が、台州の開元寺で現地の仏師に頼んで一体の釈迦如来像を彫ってもらった。

DSC08877
現在の御本尊であるその釈迦像は、古代インドの優填王(うてんおう)が釈迦の在世中に栴檀(せんだん)という香木で造らせたという由緒を持つ像を模刻したもので、インド ・ 中国 ・日本と伝来してきたことから「三国伝来の釈迦像」という愛称をもち、また「生身のお釈迦様」とも呼ばれて国宝に指定されている。

靴を脱いで本堂に上がり、拝観料を払うと大きな本堂を自由に観て回れる♪

そこには・・・なんと!他のお寺では見られない凄いものが展示されている

続きはまた・・・(;・∀・)





最後まで読んで下さって有難うございます<(_ _)>


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ
にほんブログ村


京都府 ブログランキングへ
(≧▽≦)ポチポチッとお願いしまーす♪





013
雅流塾はレンタカーで観光案内します

お問い合わせは

070-5044-7830(ナヤミゼロ)

もしくは

garyujuku@outlook.comまで!!


もしも、歴史に興味が湧いてきたならお電話でもメールでもご連絡ください。










                                         

竜田揚げは奈良発祥!

今回はグルメ情報・・・

本当は、漢字ばかりの理解不能な記事よりこういう記事を期待している人も多い・・・(;・∀・)そーなの?

日本で一番早く世界文化遺産に選ばれたお寺法隆寺(ほうりゅうじ)のある斑鳩(いかるが)の地に、今ブームが起きている・・・。

それは竜田揚げ(たつたあげ)

竜田揚げとは、匂いのキツイ魚や肉を醤油・みりん・しょうが・にんにくなどに漬けこみ、片栗粉にまぶして油で揚げたもので、唐揚げとは微妙に違う。

皆さんも、百人一首にあるこの歌をご存じだろう。

ちはやふる 神代もきかず竜田川

      からくれないに 水くくるとは
               
            by在原業平(ありわらのなりひら)

奈良の斑鳩を流れる竜田川の紅葉が川に流れ、真っ赤に染まっているその様子が、太古の神々の御代にさえ聞いたことがないほど見事なものだなあ・・・と詠んだもの。

揚げたときに醤油の色が赤くなり、衣に片栗粉が白く浮かぶ様子がこの歌のイメージと同じようだと、この名前がついたそうな・・・。

ということで、斑鳩町のレストランやカフェが13軒、協力して竜田揚げ上げ↑プロジェクトという活動をされている。

DSC01488


その中で、今回はCAFE・鍼灸 ZADANさんへ♪(´▽`)

店名はザダンと読み、漢字では座談。

各地域、各国から来ていただいたお客様が一緒に座って談笑する。そんな和やかなカフェを目指してつけられた名前だとのこと。

DSC01490


築85年の古民家を改装したお店で、本当にゆっくりとくつろげる広々空間(´▽`)

DSC01493

イスあり、ソファーあり、掘りごたつあり、もちろん正座もあり(笑)

DSC01486

こちらの竜田揚げはワンプレートにスープがついてきて1000円(税別)

見た目には素朴だが、めちゃくちゃジューシーで美味しいモモ肉が意外とボリュームがある♪

DSC01494

お店で焙煎されるスペシャリティコーヒーは味も香りも絶品!

DSC01501

ピカピカのローストマシンで毎日究極の味を求めて奮闘中♪

DSC01502

場所は法隆寺の東院伽藍・夢殿の南側・・・

世界遺産を目の前にして、このゆったり感はお値段以上の価値があった・・・♪

770
ちなみに東京の墨田区に、かつてこの在原業平を祀った業平天神社にちなんだ「業平橋駅」があったが、現在は「とうきょうスカイツリー駅」になってしまった(;・∀・)これも世の習い・・・

古き事を残しながら、新しく歴史を作ることは容易ではないという見本だ(´Д⊂




最後まで読んで下さって有難うございます<(_ _)>


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ
にほんブログ村


京都府 ブログランキングへ
(≧▽≦)ポチポチッとお願いしまーす♪





013
雅流塾はレンタカーで観光案内します

お問い合わせは

070-5044-7830(ナヤミゼロ)

もしくは

garyujuku@outlook.comまで!!


もしも、歴史に興味が湧いてきたならお電話でもメールでもご連絡ください。





50
※この記事は以前の記事を、リメイクしたものです。

東大寺・お身拭い

DSC03441

8月7日は、東大寺の年中行事の中でも大事なお身拭い(おみぬぐい)の日。

大掃除と言えば年末のイメージがあるせいか、あまり知っている人は多くない。

DSC03446

これは150人程の僧侶や関係者が早朝、二月堂の湯屋で身を清めた後、白装束(しろしょうぞく)藁草履(わらぞうり)というスタイルで、大仏さまの頭から台座までを綺麗にお掃除するというもの。

昭和39年より毎年8月7日に行われることになったそうだが、以前は東大寺の住職の任期中に一度行われる程度だったとか・・・(;・∀・)大変だもんね

DSC03453

こうして、大勢の人がいると大仏さまの偉大なる大きさが良く分かる。(100人乗っても大丈夫(*´ω`))

DSC03448

頭にある螺髪(らほつ)はよく見ると、人の頭よりちょっと大きい♪

DSC03467

足場が無い所はゴンドラで宙吊り・・・けっこう怖そうだね、これ(;・∀・)

DSC03473

顔にケリを入れられてもまったく動じることがない・・・(さすが!懐がおおきい)

しかし、お堂の中はもの凄い埃が舞っている・・・

以前、ボランティアのガイドさんが「大仏の高さは14m98cmだけど・・・8月の初旬には15mありまーす!」と言っていたのも頷ける(*´m`)2cm埃ね♪


お身拭いの様子はこちらから



最後まで読んで下さって有難うございます<(_ _)>


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ
にほんブログ村


京都府 ブログランキングへ
(≧▽≦)ポチポチッとお願いしまーす♪





013
雅流塾はレンタカーで観光案内します

お問い合わせは

070-5044-7830(ナヤミゼロ)

もしくは

garyujuku@outlook.comまで!!


もしも、歴史に興味が湧いてきたならお電話でもメールでもご連絡ください。





50
※この記事は以前の記事を、リメイクしたものです。



石上神宮

DSC04248

今回は、奈良・天理市にある石上(いそのかみ)神宮

かつては伊勢と石上だけに神宮の称号が使われていたほどの格の高い神社である。

DSC04236


以前、山の辺の道について解説したが、この神社は桜井と天理を結ぶ、南・山の辺の道ルートの拠点となっている。

石上神宮の創建は古く、社伝によると・・・ご祭神である布都御魂剣(フツノミタマ)はかつてタケミカヅチ・フツヌシという最強二柱の神がオオクニヌシに国譲りを迫った時に砂浜につき立て、どっかり座った剣で・・・

DSC07033

(これはイメージです)

また、神武東征の時には、大和に向われていたイワレビコ(神武天皇)一行が危機に陥ったとき、天照大御神がタケミカヅチに助けに行くように命じたが「私がわざわざ行かなくても・・・剣だけで十分( `ー´)ノ☆」
と、空からイワレビコ(神武天皇)のもとに届けられたものだ。

その後物部氏の祖ウマシマジノミコトにより宮中で祀られていたのだが・・・古事記の崇神天皇の時代に物部氏の祖先にあたるイカガシコメノミコト(舌かむ~( ;∀;))が現在地に、石上大神として祀ったとある。

201410179


ご神宝として祀られている国宝・七支刀(しちしとう)
もまた、かなり格好いい(゚∀゚)

DSC04258

こちらの神の使いは尾長鶏で、伊勢と同じように境内に放し飼いになっている♪

670

風格のある楼門をくぐると拝殿。

白河天皇が皇居から寄進したと伝わるが・・・実際の建立年代は鎌倉時代初期のものだとか。

というのも・・・

仏堂風の外観をもち、柱を貫通する水平材を多用するなど、東大寺南大門と同じく天竺様(てんじくよう=大仏様だいぶつよう)の要素がみられる。

DSC04026
拝殿から楼門を挟んで対照的にあるのが出雲建雄(いずもたけお)神社 の拝殿。

DSC04021
これは神宮よりすこし南に、かつてあったが明治時代初期に廃絶して池だけが残る内山永久寺(うちやまえいきゅうじ)の鎮守社拝殿を1914年に移築したもの。

1300年頃の建立で桁行5間の建物の中央1間分を土間の通路とした「割拝殿」と呼ばれる形式の拝殿。

山の辺の道は春と秋はもちろん夏や冬であっても気持ち良い所なので古代史に興味がない人でも日本人なら一度は歩いて先人たちの思いを感じてみて欲しい。

見どころが分からない方は、私が案内させていただきます(*´ω`)




最後まで読んで下さって有難うございます<(_ _)>


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ
にほんブログ村


京都府 ブログランキングへ
(≧▽≦)ポチポチッとお願いしまーす♪





013
雅流塾はレンタカーで観光案内します

お問い合わせは

070-5044-7830(ナヤミゼロ)

もしくは

garyujuku@outlook.comまで!!


もしも、歴史に興味が湧いてきたならお電話でもメールでもご連絡ください。





50
※この記事は以前の記事を、リメイクしたものです。


本日は…奈良ホテル

image

๑╹◡╹)ノ"本日は奈良ホテルでランチでーしゅ♪

image

これはアインシュタイン博士が弾いたことがあるピアノなんでしゅよ(≧m≦)


最後まで読んで下さって有難うございます<(_ _)>


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ
にほんブログ村


京都府 ブログランキングへ
(≧▽≦)ポチポチッとお願いしまーす♪





013
雅流塾はレンタカーで観光案内します

お問い合わせは

070-5044-7830(ナヤミゼロ)

もしくは

garyujuku@outlook.comまで!!


もしも、歴史に興味が湧いてきたなら
お電話でもメールでもご連絡ください。



あなたのぬいぐるみがお客さま
「ぐるみツアー」もよろしくお願いします(´▽`)


ブログランキング参加中♪
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ
にほんブログ村



京都府 ブログランキングへ
ぽちっと
1クリック!(´▽`)

Twitter
京都・奈良の観光ガイド「雅流塾」の可愛いアシスタント”たー坊”
ランキング参加中(´▽`)♪
古代史はこれで解決(*´ω`*)

天上の虹 コミック 1-23巻セット (KC KISS)

中古価格
¥8,675から
(2016/5/17 10:05時点)

Amazonライブリンク
カテゴリー
最新コメント
メッセージ

名前
本文
livedoor 天気
百人一首ならこれがおすすめ!
古事記を読んでみよう(^.^)/

古事記 (上) 全訳注 (講談社学術文庫 207)

中古価格
¥1から
(2016/5/17 09:46時点)

古事記 (中) 全訳注 (講談社学術文庫 208)

中古価格
¥113から
(2016/5/17 09:48時点)

古事記 (下) 全訳注 (講談社学術文庫 209)

中古価格
¥147から
(2016/5/17 10:34時点)

Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ