1336年、逃れるように吉野に入られた後醍醐天皇はまずは吉水院(よしみずいん)に入られたが、のちに金峯山寺(きんぷせんじ)蔵王堂(ざおうどう)の西にあった実城寺(じつじょうじ)をリフォームして皇居とされ、寺号を金輪王寺(こんりんおうじ)と改められた。 後醍 ...