早いもので、もう2月・・・

2月3日は立春の前日ということで春の節分の行事があちこちで行われる

昔から節分と言えば「鬼は~外!福は~内!」という豆まきを思い浮かべるのみであったが・・・

373

最近はスーパーやコンビニなどで恵方(えほう)巻きなるものがやたらと目につく。

372

節分の日にその年の恵方を向いて七種の具が入った巻き寿司を丸まま一気に食べるというもので、関西地方の習慣だそうだが・・・

すべての関西地方に浸透しているわけでもなく、わが家ではそんな習慣はない。

父は生まれも育ちも大阪だが「恵方巻きなど聞いたこともない」と一刀両断。反面・・・ウチはず~と前からやっているという声もある。

そんな人達に「恵方って何?」と尋ねると
120%「・・・・・・・・・・・<(_ _)>」

現代の日本人で恵方について知っている人がどれだけいるかは分からないが、恵方巻が日本の文化となるにはまだまだ時間がかかりそうだ(。-`ω-)

ただし、巻き寿司はともかく恵方については昔から大事にされている風習の1つなので、皆さんにはぜひ知っておいて頂きたい。

実は歳徳神または御歳(みとし)神と呼ばれる五穀豊穣を司る女神様がおられ、お正月に彼女の現れる方位を恵方(えほう)と呼びその方角に向かって事を行えば万事吉となる!といわれている。

なので昔は、お正月に自宅から見て恵方の方角の神社に初詣に行く習慣があったそうだ。

そして、御歳神にお供え物を持って行き、お参りの後に神の魂が宿ったお餅を分けてもらえば、実りや無病息災のお利益をいただける。

これこそが

御歳魂(みとしだま)⇒お年玉 の起源だ。

そして、気になる歳徳神の現われる方位だが・・・これはその年の十干(じっかん)によって分けられる。皆さんあまり気にしておられないので東西南北や十二支の方向・・・一体今年はどこを向くのやらと思って、コンビニのポスターでチェックしている人もいるだろう(笑)

実は、恵方の方角は四方向だけしかない。

甲・己の年は東北東やや右

乙・庚の年は 西南西やや右

丙・辛・戊・癸の年は南南東やや南

丁・壬 の年は北北西やや北

このややが大事なのだが、ややこしいので西南西!と言いきってしまっているのも気に入らない。

詳しく解説しても理解不能なので

664

このような仕組みになっていることを見ておいて頂きたい(余計わからない?(@_@))

今年2016年は丙申(ひのえさる)なので西南西やや右だということ。ちなみに来年は丁酉(ひのととり)なので北北西やや北ということになる・・・まだ良く分からない人は、コンビニのポスターで確認!(。-`ω-)

先ほども書いたが、本来はこちらの方角の神社に初詣にいくのが正しい。

しかし・・・神社自体もどんどん統合されてしまい、奈良や京都みたいに近所にたくさん有るわけではない・・・ということで習慣が変わってきてしまったのだろう。

クリスマスも、ハロウィンもバレンタインも・・・本来の意味もしらずに独自のスタイルとして定着してしまうのが日本流と喜んでいては、日本の文化までもがどんどん破壊されてしまうようで恐ろしい・・・(;・∀・)

あっ、でもバレンタインの日にチョコは欲しいかも・・・(;´・ω・)チョコっとだけでも


最後まで読んで下さって有難うございます<(_ _)>


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ
にほんブログ村


京都府 ブログランキングへ
(≧▽≦)ポチポチッとお願いしまーす♪





013
楽しく学べる雅流塾の観光案内は1万円(税込)/日~です♪(^^)/

お問い合わせは

070-5044-7830(ナヤミゼロ)

もしくは

garyujuku@outlook.comまで!!


もしも、歴史に興味が湧いてきたならお電話でもメールでもご連絡ください。




50※この記事は以前の記事を、リメイクしたものです。