プロの解説!京都観光・奈良観光のツボ

「たっしー&たー坊」が、京都・奈良の観光スポットの見どころを分かりやすく丁寧に解説いたします。

タグ:京都観光

日頃からブログとたっしー&たー坊を応援くださいまして誠に有難うございます♪ 雅流塾の観光ガイドとして3年間頑張って書き綴ったブログ。 昨年はYouTubeで動画解説という技にも挑戦するなど、様々な事にトライしてまいりました。しかしながら今一つ目に見える結果が出 ...
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

お盆というのは、仏教用語で盂蘭盆会(うらぼんえ)の略。 古来日本ではお盆は宗派によって色々な違いはあれども、祖先の霊を祭る宗教行事を行うのが一般的で、多くの人達がお墓参りに行かれる。 13日から15日にかけてご先祖さまの霊が戻ってこられ、16日には再び迷わずあ ...
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

天龍寺(てんりゅうじ)は、京都五山(京都にある臨済宗のお寺のトップ5のこと)の第一位であり、臨済宗天龍寺派の大本山だ。 室町幕府の初代将軍・足利尊氏が後醍醐天皇の菩提を弔うために造営。 いや、ちょまてよ・・・(;・∀・)ノ 尊氏と後醍醐天皇は、南北朝に分 ...
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

渡月橋(とげつきょう)は、桂川左岸と、中州である中ノ島公園の間に架かる橋で、長さ155m、幅11m、両側に歩道があり片側一車線の道路となっている。 観光名所嵐山のシンボル的存在であるとともに、川の両岸を結ぶ重要な交通路にもなってるので、本当に重要な橋だ。 ...
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

安井金比羅宮(やすいこんぴらぐう)は祇園にある建仁寺の東南に位置する神社。 ご祭神は… 崇徳天皇(すとくてんのう) 大物主神(おおものぬしのかみ) 源頼政(みなもとのよりまさ)の三柱 悪縁を切り、良縁を結ぶということで有名な神社で、連日多くの参拝者が訪 ...
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

飛行神社(ひこう じんじゃ)は京都府八幡市にある、ちょっと変わった神社。 由緒としては、明治24年に航空機の研究者であった二宮忠八(にのみやちゅうはち)氏が日本で初めてゴム動力プロペラ式飛行模型の飛行実験に成功したが・・・人を乗せることができる飛行機を ...
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

かつて京の伏見に豊臣秀吉が築いた伏見城の大手門(一番の正門)があった道が、現在の大手筋通りにあたる。 近鉄、京阪の電車の駅もあり、商店街もたいそう賑わっている通りだ。 この大手筋通りに面して建つのが、古くから伏見の地を守る御香宮(ごこうのみや)神社 ...
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

磐船(いわふね)神社は大阪府交野市の南端に位置し、ほぼ奈良との県境にある神社だ。 まさに天の磐船(あめのいわふね)とよばれ、天の川の渓谷をまたぐように横たわる高さ約12メートル・長さ約12メートルの舟形の巨岩が御神体。 本殿を持たない古代形式で御神体の巨 ...
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

今回は京都の神泉苑(しんせんえん)を解説。 794年の平安京遷都とほぼ同時期に、大内裏(だいだいり)の南に接する地に造営された禁苑(きんえん=天皇のためのお庭)であった。 当初の敷地は南北約500メートル(現在の二条から三条)東西約240メートル(現在の大宮通 ...
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

いよいよ、京都では鉾立てが始まったが、まだまだ梅雨明けとはいかず、大気の状態が不安定な日が続いている(;´・ω・) 祇園祭は昔から小雨決行、大雨強行!といわれ、雨で中止になったことはないお祭り♪ とはいえ、やはり雨は降って欲しくない…。 何 ...
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ