プロの解説!京都観光・奈良観光のツボ

「たっしー&たー坊」が、京都・奈良の観光スポットの見どころを分かりやすく丁寧に解説いたします。

カテゴリ:京都・世界文化遺産 > 平等院

平等院(びょうどういん)の阿弥陀堂が、いつしか鳳凰堂(ほうおうどう)と呼ばれるようになったのは諸説あるが、南北両端部に設置されている鳳凰像のおかげであろう。 鳳凰というのは古代中国の想像上の鳥であり、立派な天子が世に出たときに出現する吉兆と言われてい ...
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

極楽いぶかしくは、宇治の御寺をうやまへ これは平安時代に歌われていた童唄(わらべうた)。 もしも阿弥陀がおわす極楽浄土を疑ったり、信じられなくなったときは・・・宇治の平等院で拝んでみると、もう一度信じ直すことができるという意味。 感無量寿経(かんむりょうじ ...
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

1052年、関白・藤原頼道(ふじわらのよりみち)によって創建された平等院(びょうどういん)。 中でもこの鳳凰堂(ほうおうどう)は、極楽浄土を具現化した最高傑作の建物といえる。 飛鳥時代に大陸から伝わり、日本に広まった仏教は現世での救済を求めるという考えであっ ...
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ