プロの解説!京都観光・奈良観光のツボ

「たっしー&たー坊」が、京都・奈良の観光スポットの見どころを分かりやすく丁寧に解説いたします。

カテゴリ:京都・世界文化遺産 > 醍醐寺

世界文化遺産に登録されている醍醐寺(だいごじ)。真言宗醍醐寺派の大本山だ。 境内が非常に大きく、醍醐山全体が醍醐寺であると言っても過言ではない。 創建は平安前期の874年、理源大師・聖宝(しょうほう)が上醍醐(かみだいご)山上で地主横尾明神の示現により醍 ...
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

三宝院(さんぼういん)は世界文化遺産・醍醐寺の塔頭で、真言宗系の修験道を統括する本山であった。 また、こちらは門跡寺院であり、1115年左大臣・源俊房(みなもと の としふさ)の子、勝覚が灌頂院(かんじょういん)として開いたが、後に仏教の三宝(仏・法・僧)にち ...
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

本日は、京都・醍醐寺(だいごじ)でお花見(≧∇≦) あいにくの雨でしたが、それもまた一興。 さすがは京都随一の桜の名所! しっかし人が多いね〜(@_@) 最後まで読んで下さって有難うございますにほんブログ村京都府 ブログランキングへ(≧▽≦)ポチポチッとお願いし ...
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

今日は世界遺産・醍醐寺に来ておりました。 醍醐寺に五重塔なんかありました? と、言われる方も多いのだが… 実はこの塔は京都では珍しく 平安時代に建てられたオリジナル。 あの宇治の平等院鳳凰堂よりも 古くて京都一古い建造物として 非常に重要な塔(´ー`) 京都か ...
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

醍醐寺といえばなんといっても 豊臣秀吉が行った醍醐の花見。 これは慶長3年(1598年)4月20日に開かれたもので 秀吉は花見に際して醍醐寺諸堂の再建を命じ 庭園を造営して、各地から700本の桜を集め 境内に植えさせて秀頼や奥方たちと一日だけの 花見を楽しんだ花見の ...
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ