プロの解説!京都観光・奈良観光のツボ

「たっしー&たー坊」が、京都・奈良の観光スポットの見どころを分かりやすく丁寧に解説いたします。

カテゴリ:京都・寺院 > 大覚寺

大覚寺(だいかくじ)と聞いても、あまり京都に来られていない方には馴染みが少ないかもしれない。実際、同じような名前がたくさんあるから臨済宗の大徳寺(だいとくじ)とも、よく間違われる。 大覚寺は嵐山にほど近い嵯峨(さが)にある真言宗大覚寺派の本山である ...
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

今回は大覚寺の御影堂(みえいどう)・・・ 村雨(むらさめ)の廊下から右手に行くとこれまた立派な建物に出会う。 大覚寺の伽藍の中でも貫録があるし、中心に配置されているので本堂のように思いがちだが、ここは御影堂(みえいどう) この建物は、もともと大正( ...
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

大覚寺に戻って、宸殿から先に進んだ所にあるのがこの廊下。 ちょっと見ただけではやはり「ふぅ~ん」で終ってしまう。しかしこの廊下によって宸殿と正宸殿と御影堂がつながっており、寝殿造り(しんでんづくり)建築には欠かせない廊下だ(。-`ω-) 寝殿造りとは、平安時 ...
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

大覚寺(だいかくじ)は、お寺というより離宮色が強いので平安時代から伝わる王朝文化の風雅がリアルに楽しめる(≧▽≦) さて、今回は宸殿(しんでん)の後側のお部屋「紅梅の間」。その名の通り紅梅図(こうばいず)が一面に描かれている♪ 金地に太い幹をもつ梅の大木が ...
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

大覚寺の大沢池(おおさわのいけ)は かつて平安時代に嵯峨天皇の離宮 であった時代、庭に造られた人工池だ。 当時の平安王朝文化の面影を 今に残し、現存する日本最古の庭池 とされている。素晴らしい眺め(*´ω`) 大沢池はぐるりと周遊できるように なっており春は桜、 ...
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ