プロの解説!京都観光・奈良観光のツボ

「たっしー&たー坊」が、京都・奈良の観光スポットの見どころを分かりやすく丁寧に解説いたします。

カテゴリ: 奈良・世界文化遺産

東大寺や興福寺の鹿せんべい売り場んぼ前で良く見かける光景だ(≧▽≦) とにかく買ったとたんに前後左右から鹿が集まってきて「くれくれ!」と鼻先でズンっ!と攻撃され、おっかなびっくりでとにかく逃げ惑い、せっかくのおせんべいを投げ捨ててとにかく難を逃れよう ...
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

東大寺・南大門といえば、知らない人はいないくらい有名な門である。 現在我々が目にするこの門は二代目で、初代は大仏焼き討ちのときに火災で焼失したのかと思いきや、なんと台風によってすでに倒壊していたとか(;´・ω・)マジですか? その後1180年に平重衡( ...
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

本日5月19日、15時より唐招提寺にて梵網会(ぼんもうえ)通称うちわまきとよばれる行事が行われるので、もし、行かれる方がおられるようなら少しでもお役に立てればと思い、早めに投稿(≧▽≦) これは唐招提寺の鼓楼(ころう) 見た目から鼓楼という名前が付いているもの ...
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

今回は東大寺・三月堂(*´ω`) このお堂は不空羂索(ふくうけんさく)観音菩薩を本尊とするので、かつては羂索堂(けんさくどう)といわれていたが 毎年三月に法華会が行われたことから、法華堂(ほっけどう)と呼ばれ三月堂としても親しまれるようになった。 創建年 ...
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

今回は世界遺産・紀伊山地の霊場と参詣道の一つに指定されている吉水神社(よしみずじんじゃ)。 ここは本来、金峯山寺(きんぷせんじ)の僧坊・吉水院(きっすいいん)であり、南北朝時代に後醍醐(ごだいご)天皇が吉野に入られたときに、まず吉水院に行宮(あんぐう ...
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

法起寺(ほうきじ)は、奈良の斑鳩(いかるが)にある寺院。 創建は飛鳥時代・・・聖徳太子の遺言により息子の山背大兄王(やましろのおおえのおう)が岡本宮を寺に改めたのが法起寺の始まりと伝えられている。 けっして観光寺院としての知名度は高くはないが、「法隆 ...
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

昨日は国立博物館の後に、東大寺の二月堂で行われている修二会(しゅにえ)に行って参りました(≧▽≦) 晴れ予報だったのに、いきなり横殴りの雪に見舞われてどうなることかと心配しましたが… 松明が上がるころにはすっかり風もやんで幻想的な炎を観ることができまし ...
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

春にはさまざまな行事が行われるが、とりわけ有名なのが・・・ こちら二月堂で行われる東大寺・修二会(しゅにえ) お水取りで有名なこの行法は、奈良時代の752年に実忠(じっちゅう)和尚により始められた。現在まで一度も途絶えることなく伝えられている行法なので不 ...
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

この金峯山寺(きんぷせんじ)は、世界文化遺産・紀伊山地の霊場と参詣道(きいさんちのれいじょうとさんけいみち)の中に含まれており、吉野町にある金峰山修験本宗(修験道しゅげんどう)の本山である。 紀伊山地の霊場と参詣道というのは和歌山県・奈良県・三重県に ...
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

唐招提寺は南大門から一歩境内に踏み入れるだけでものすごく空気が優しい。 真正面に立つ金堂(こんどう)はこのお寺の本堂。 天平時代の金堂建築として唯一現存する貴重な国宝建造物。寄棟造(よせむねづくり)、本瓦葺きで、左右に鴟尾(しび)という伝説の魚の尾び ...
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ