プロの解説!京都観光・奈良観光のツボ

「たっしー&たー坊」が、京都・奈良の観光スポットの見どころを分かりやすく丁寧に解説いたします。

カテゴリ: 人物

小野小町(おののこまち)は平安時代初期の815年頃生まれ。 第54代仁明(にんみょう)天皇が東宮(皇太子)にあられた頃より、その美貌と歌を詠むセンスを認められ、寵愛を受けていた。 天皇に即位された後は、更衣(こうい)として(更衣とは、女御のうち下位のものを指す ...
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

再び大徳寺・高桐院(こうとういん)から。 客殿の西側には細川家代々の墓所がある。 それとは離れて建っている石灯篭が、細川忠興(ただおき)またの名を三斎(さんさい)とガラシャ夫人の墓塔。 ガラシャ夫人とは、あの本能寺の変で織田信長を襲撃した、明智光秀のい ...
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

太安萬侶(おおのやすまろ)という方をご存じだろうか? そう、712年に元明天皇に献上された、日本最古の歴史書である古事記(こじき)の編纂(へんさん)者である(;・∀・)知ってるよね? 今回は、その安萬侶さんのお墓参り♪ 今から37年前の昭和54年のこと・・・ 奈良 ...
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

中将姫についてのあらすじは 読んで頂けたことだろうと思う。 ただ・・・これしきの話では シンデレラや白雪姫といった 単なるおとぎ話で終ってしまう。 中将姫伝説は、そんなことでは 終わらないのが凄いところ・・・(。-`ω-) 昔から、お寺というのは僧侶の修 ...
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

皆さんは中将姫という名前をご存じだろうか。 奈良にはたくさんの神話や伝説が伝わり そのどれもが作り話にしては出来すぎている。 とはいえ、真実を追求したくとも、物的証拠が 何も残されていないので証明もままならない。 5月14日、雨の中當麻寺の練供養会があった ...
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ