白毫寺(びゃくごうじ)は、奈良の春日山から南に連なる高円山(たかまどやま)の麓にある寺院。 715年に天智(てんじ)天皇の第七皇子である志貴皇子(しきのみこ)の山荘跡を寺としたのに始まると伝えられるが…かつて付近に存在した石淵寺(いわぶちでら)の一院で ...