今年は何の予定もなく、家で過ごしたお正月♪

今回はもう、さんざん食べてしまったおせち料理について解説( ̄▽ ̄)

おせち料理

(わが家のおせち・・・ではない(笑))

お節(おせち)料理とは

古くは奈良時代、朝廷内で節会(せちえ)として行われたことに由来する五節句という年中行事が行われていた。

節句と言えば、3月3日の桃の節句や5月5日の端午の節句くらいしか頭に浮かんでこない人も多いと思うが、実は5つの節句が今でも形を変えて存在する。

そのうちでも1月1日の年頭をお祝いするお正月の料理が受け継がれ、現在のおせち料理の姿となったわけだが・・・重箱におせち料理を詰めるのは、明治時代以降のことと云われているので、それほど古い話ではない。

日本は単一民族の島国とはいえ、当然のことながら各地域によって食べ物の特色があり、お重に詰められた料理は違ってくるのも仕方がない話。しかし・・・こと縁起物(えんぎもの)に関しては、ほぼ共通しているように思う。

今回は縁起物の中でも重要なスタメンを紹介(*´ω`)

黒豆

黒豆は、一年間マメに働けるように無病息災を願ったもの。

数の子

数の子は、見ての通り子孫繁栄の願いをこめて。

田作り

田作りは、かつてカタクチイワシを田んぼの肥料にしたことから、また五万俵ものお米が獲れたことから、五万米(ごまめ)ともよばれて五穀豊穣の願いがかけられている。

たたきごぼう

たたきごぼうは、叩かれて身が開かれるので立身出世の願いをこめて。

だて巻

伊達巻(だてまき)は、巻物の姿をしており学問・教養を身につけたいという願いが込められている。

その他にも

芽が出るように願って…くわい
喜びごとに恵まれるように願って…昆布巻き
腰が曲がるまでの長寿を願って…海老
出世するように 願って…出世魚の鰤(ぶり)
将来が見通せるよう願って…酢蓮(レンコン)

このように、まだたくさんあるし子供にはあまりウケないが、好き嫌いなど言わずに一通りは必ず食べるように( ̄▽ ̄)


昔は、冷蔵庫なども無かったし、お正月に開いているお店なども無かったことから正月三が日を乗り切るための料理でもあった。

しかし現代は、コンビニも24時間あるし、元日から開けているお店もあるので、伝統的なおせち料理などに見向きもせずにファーストフードに群がる人が増えているのは時代の流れかもしれない。

だが、それこそ今や家で一生懸命作らなくても、スーパーでもコンビニでも手に入るので、お正月はおせち料理 という習慣は消さないようにしたいものだ(;・∀・)



最後まで読んで下さって有難うございます<(_ _)>


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ
にほんブログ村


京都府 ブログランキングへ
(≧▽≦)ポチポチッとお願いしまーす♪





013
雅流塾はレンタカーで観光案内します

お問い合わせは

070-5044-7830(ナヤミゼロ)

もしくは

garyujuku@outlook.comまで!!


もしも、歴史に興味が湧いてきたならお電話でもメールでもご連絡ください。