DSC07877

この転害門(てがいもん)は東大寺の北西に建つ門。高さは約10m、屋根は本瓦葺・切妻造の八脚門だ♪

二度にわたる戦火をくぐり抜け、修復はされてはいるものの、東大寺創建の天平時代から残る、数少ない貴重な建造物で、堂々の国宝(*´ω`)

DSC07880

他の門と少々違うのは、東大寺の鎮守社・手向山(たむけやま)八幡宮の祭礼を行う時に、ここを御旅所(おたびしょ)として使用し、御神輿を遷座させる現在でも10月5日に転害会(てがいえ)が行われている。

中央の二柱には今も地元の川上町の有志らによる注連縄(しめなわ)を飾り、しっかりと結界の役割を果たしている。

DSC07886
見たこともないほど節だらけの柱だが、逆に頼もしい感じさえする(*´ω`)

DSC07882

このように一条大路(通)の東の突当りで、京都へ抜ける街道に面していたことから、平安時代末期頃より民家が立ち並び、手貝郷(てがいきょう)という町としても発展した場所・・・。

DSC07883
京都にある絢爛豪華な門とは違い、かなり簡素な造りではあるが・・・天平時代特有の宝相華文様の丸軒瓦が今でも古(いにしえ)の存在感を示している!

DSC02666
ちなみに・・・こちらの門から入るとこのような景色にお目にかかれる(≧▽≦)




最後まで読んで下さって有難うございます<(_ _)>


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ
にほんブログ村


京都府 ブログランキングへ
(≧▽≦)ポチポチッとお願いしまーす♪





013
雅流塾はレンタカーで観光案内します

お問い合わせは

070-5044-7830(ナヤミゼロ)

もしくは

garyujuku@outlook.comまで!!


もしも、歴史に興味が湧いてきたなら
お電話でもメールでもご連絡ください。



あなたのぬいぐるみがお客さま
「ぐるみツアー」もよろしくお願いします(´▽`)