よく質問されるのがお賽銭について。

いったい幾ら入れたら良いの?
ご縁があるように五円でいいのかな?
たくさん入れた方がご利益あるのかな?

と、さまざまな方のご意見があるが、あなたはどうだろうか?

おそらく、お参りするときに何気に財布に入っている小銭をポーンと投げ入れるといったイメージではないだろうか。

ちょっと気の利く人なら、始終ご縁で45円だったり、お正月の初詣では小切手に「いい福」1129円、「よい福」4129円、「福こい」2951円 といったようにそれぞれの思いが込められている。

これらからも分かるように、明確な答えなどは無い。

好きなだけのお金をお賽銭として入れて頂くと良いと思う。

しかし私の場合はちょっとしたこだわりを持っていて、いつも五円を何十枚も用意している!

はぁ?

どんなスゴイこと言うのかと期待したのにやっぱり5円なんだ・・・と思った人はもう少し読んでほしい。

私が言ったのは「五円」である。

image
まずはこのデザインを良く見てほしい。

一番目立つように描かれているのか 稲穂
中心の穴の周りのギザギザは歯車
下に横線で描かれているのは
ひっくり返して見ていただくと若葉

つまり

「農業」「工業」「水産業」「林業」といった、日本にとって重要な産業がすべてこの硬貨に凝縮されている。

そして、まだまだよ~く見ていただくと、なんと経済大国の通貨としては極めて珍しく五円と漢数字だけが書かれている。

他の硬貨はすべてアラビア数字・・・つまり1・10・50・100・500の表記がある。

漢字が読めない外国人には、この硬貨の金額は理解できないだろう。21世紀にもなってこれは異常なこと・・・

737

ちなみに漢字の元である中国の通貨、人民元ですらこの通りだ。

そこへもって「ご縁」という発音と、ご丁寧に思いが通じる「穴」まで開けてくださっている。


これが、とことん日本を意識して造られている「五円」をお賽銭にすることを推奨している理由だ。

もちろん五円では安すぎて心配だという方は、札束や小切手を社務所に届けてあげると良いだろう。


最後まで読んで下さって有難うございます<(_ _)>


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ
にほんブログ村


京都府 ブログランキングへ
(≧▽≦)ポチポチッとお願いしまーす♪





013
雅流塾はレンタカーで観光案内します

お問い合わせは

070-5044-7830(ナヤミゼロ)

もしくは

garyujuku@outlook.comまで!!


もしも、歴史に興味が湧いてきたならお電話でもメールでもご連絡ください。