奈良の夏の風物詩といえば・・・

かつてはお盆の行事でもある8月14、15日の春日大社の万燈籠(まんどうろう)と、8月15日の大文字の送り火と、相場が決まっていた。

DSC02080

しかし、最近とても人気があるのが1999年に誕生して以来、毎年行われ続けている燈花会(とうかえ)だ。

奈良国際フォーラムがある春日野園地を中心に、東大寺、興福寺、春日大社といった世界文化遺産の
エリアがローソクで照らしだされて広大な奈良の緑と歴史の中に幽玄なろうそくの花が咲く。

ここ数年は毎年参加しているが、昨年は人混みが予想される8月13日に行ってきた。

わざわざこの日を選んだのは

DSC07535

燈花会のローソク点灯が始まる19時に合わせて東大寺が無料で拝観できるからだ( `ー´)ノ

東大寺では毎年お盆の8月13・14日と大晦日の12月31日初詣のために無料で拝観できる。

DSC07532

しかも通常は閉まっている観相窓から大仏様のお顔を拝することもできる。

DSC07539

夜の大仏様もめちゃくちゃ迫力ありますよ~

201408132

このローソクは協賛金500円を払えば一定のエリア内で、自分の好きな場所に置いてかまわない。

DSC07556

たー坊はここがいいでしゅね~♪

DSC07570

午後8時ころになってようやく涼しくなってきた。

DSC07551

イベントとしては花火大会のようにワーワー騒ぐのも楽しいが

このような厳かな気持ちで参加するイベントというのは…じつに奈良っぽい(*´ω`)♪

詳しくはなら燈花会の公式HP








チャンネル登録おねがいします<(_ _)>




最後まで読んで下さって有難うございます<(_ _)>


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ
にほんブログ村


京都府 ブログランキングへ
(≧▽≦)ポチポチッとお願いしまーす♪






雅流塾の公式ホームページ

お問い合わせは

070-5044-7830(ナヤミゼロ)

もしくは

garyujuku@outlook.comまで!!


歴史に興味が湧いてきたなら、すぐご連絡ください

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット