京都と滋賀の県境に位置する天台宗の総本山・延暦寺(えんりゃくじ)

「延暦寺」とは一つのお寺のことをを指すわけではなく、比叡山の中にある・・・

DSC06454

東塔・西塔・横川という三つの境内を中心に約150ある堂塔伽藍をひっくるめた総称。

創建は奈良時代の延暦7年(788年)最澄(さいちょう)薬師如来を本尊とする、一乗止観院(いちじょうしかんいん)というお寺を建てたのが始まり。

DSC06450

それが現在の根本中道(こんぽんちゅうどう)と呼ばれる、この本堂にあたる。

ご存じの通り、戦国時代に織田信長によってことごとく焼き討ちされてしまったので、ほとんどが江戸時代以降に再建されたものだ。

根本中道も例外ではなく、三代将軍・徳川家光公の寄進によって再建されたもの。

DSC06445


このお堂へは東側にある文殊楼(もんじゅろう)から入る。しかし、こちらからはかなり急な階段が待ち受けているので、足に自信のない方は手前のスロープがおすすめ。

DSC06446


まるで谷を下りて行くような階段の突当りに根本中堂が建っている(かっちょいい~(≧▽≦))

残念ながらお堂の中は撮影ができないので臨場感は味わって頂けないが・・・京都にある他の観光寺院とは明らかに一線を画した、まさに霊域と呼ぶにふさわしい気が漂う。

堂内は外陣・中陣・内陣に分かれており、ご本尊の薬師如来像を安置している内陣は、外陣より3mも下にあり石敷きの土間となっている。

内陣では僧侶が読経されており、その様子を上から拝見するのはいかにも畏れ多い・・・(;・∀・)

539

内陣のご本尊が祀られている厨子の前に三つあるのが、有名な不滅の法灯と呼ばれる釣り灯籠♪

これは創建以来の火を絶やすことなく、現代にまで1200年にわたって受け継がれてきた延暦寺の歴史そのもの・・・。

闇を照らす智慧(ちえ)の光とされる灯明(とうみょう)は、古来よりロウソクではなく、皿に油を注いでいく方式のため、油が切れてこの火を消してしまわないように、ずっと見守られている。

まさに油断できないとはこういう状況だ(*´m`)

いったいどれだけの人々がこの灯りを守り、救われてきたことだろうか・・・。