プロの解説!京都観光・奈良観光のツボ

「たっしー&たー坊」が、京都・奈良の観光スポットの見どころを分かりやすく丁寧に解説いたします。

      京都や奈良は日本が誇る歴史と文化の宝庫。 このブログではお寺や神社を通して本当の見どころを 楽しく分かりやすく解説いたします♪

      京都・大徳寺(だいとくじ)の中でも人気のある塔頭、高桐院(こうとういん)を解説。 創建は1602年、智将として名を轟かせ、また利休七哲(つまり千利休の優秀な弟子七人)の1人として、茶人としても知られる細川忠興(ただおき)。 叔父にあたる玉甫紹琮(ぎょくほ ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

      西大寺(さいだいじ)は奈良市にある真言律宗総本山の寺院。 奈良時代の764年、孝謙(こうけん)上皇は藤原仲麻呂(ふじわらのなかまろ)によるクーデター(いわゆる恵美押勝「えみのおしかつ」の乱)平定を祈願して、四天王像の造立を発願された。 ほどなく乱は鎮圧 ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

      鈴虫寺(すずむしでら)は京都市西京区にある臨済宗の寺院。 正式名称は「華厳寺」であり、江戸時代の1723年、鳳潭(ほうたん)が奈良、東大寺の華厳宗の教義復興を志して創建。現在は臨済宗のお寺(*´ω`) 慶応4年(1868年)、慶厳が入寺して臨済宗に改 ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

      本日は…お休みです 嵐山通船さんの屋形船の写真で、どうぞ涼んでください♪ 今日、これに乗っているわけではありませんので悪しからず。 たまには、完全休養もいいものです…よね?(;´・ω・) チャンネル登録おねがいします最後まで読んで下さって有難うございますにほ ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

      本日は…奈良の元林院(がんりんいん)へ行ってきたでしゅよ(≧▽≦) 元林院といえば… そうでしゅ!奈良に唯一残っている置屋「つるや」さんがあるところ♪ なんと!この夏から、ランチの後…15時より、かき氷を始められました。 菊乃の間のカウンターは緊張しましゅね ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

      奈良の伝香寺(でんこうじ)は、戦国大名であり、一時期大和の国を治めていた筒井一族の菩提寺である。 もとは天平時代に、鑑真和上の高弟・思詫(したく)が庵を結んだ場所であり、実円寺と称されたが荒廃…。 その後800年余り経た1585年に、若くして没した筒井順慶 ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

      東山にある高台寺(こうだいじ)は 臨済宗・建仁寺派の寺院である。 豊臣秀吉の正室北政所(きたのまんどころ)、つまりねね様が秀吉公亡き後に出家され、秀吉と豊臣家の菩提を弔うために建立。 寺号は、ねね様が落飾(らくしょく)後の院号である高台院(こうだいいん ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

      中宮寺(ちゅうぐうじ)は、法隆寺東院に隣接している、聖徳宗の門跡尼寺(もんぜきにじ) 寺伝では聖徳太子が母・穴穂部間人(あなほべのはしひと)皇后の宮殿跡に創建されたとなっているが、正確な記述がある資料はない。 創建当時は現在の地より東方約400メートルの ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

      広隆寺 (こうりゅうじ)は、平安京遷都以前よりこの地を治めていた、渡来系の秦(はた)一族の氏寺として聖徳太子が創建されたことで有名な京都最古の寺院である。 嵐電の線路の前に南大門を構える 広隆寺の創建については、諸説色々とあるところだが… 日本書紀 ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

      白毫寺(びゃくごうじ)は、奈良の春日山から南に連なる高円山(たかまどやま)の麓にある寺院。 715年に天智(てんじ)天皇の第七皇子である志貴皇子(しきのみこ)の山荘跡を寺としたのに始まると伝えられるが…かつて付近に存在した石淵寺(いわぶちでら)の一院で ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

      このページのトップヘ